MENU
カレンダー
2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ナオコ
元旅行会社の社員で、営業兼添乗員をしていました。今はIT商社でSaaS商材の販売推進をしています。趣味は旅行・韓国ドラマ鑑賞・英会話などなど。旅行会社勤務の経験を活かして、皆さまの旅行に役立つ情報をお届けします。

【徹底比較】那覇空港へは成田から行く?羽田から行く?

アイキャッチ_那覇空港アクセス

国内線は羽田空港だけというのは昔の話。成田空港からも多くの国内線が発着しており、那覇空港へも直行便が出ています。そうすると羽田空港を利用するのと成田空港を利用するのはどっちがいいのか?という疑問に至りますね。この記事では羽田空港から那覇空港へ行く場合と成田空港から那覇空港へ行く場合を徹底比較します。メリット・デメリットを押さえて、次回の旅行計画に役立ててみてください。

ナオコ

沖縄へ旅行するときの参考になるぞ!

目次

成田空港から那覇空港へのフライト

ジェットスター

成田空港~那覇空港間は全日空(ANA)・ピーチ・ジェットスタージャパンが就航しています。成田空港発の全日空(ANA)は1日1便、ピーチは1日3便、ジェットスタージャパンは1日3便運行しています。合計して1日7便もあるのでかなり便利ですね。フライト時間はだいたい3時間~3時間40分です。

成田空港→那覇空港のフライト便数
  • 全日空(ANA):1日1便
  • ピーチ:1日3便
  • ジェットスタージャパン:1日3便

ピーチとジェットスタージャパンはLCC(格安航空会社)で、料金がとても安いのが特徴です。成田空港から那覇空港へ行くのであればLCCを利用するのがベストです。片道5,000円台から設定があり、10,000円以下で行けることも多いです。その代わり機内のサービスがなかったり、手荷物預けが有料になったりするので注意が必要です。

ナオコ

成田空港を利用するならLCCがベスト!

国内格安航空券の予約は「TRAVELIST」がおすすめです。JAL・ANAからLCCまで幅広く取り扱っており、通常料金より最大82%OFFの大幅値下げを実施中。当日でも予約可能で、急な出張にも便利に利用できます。

↓↓こちらからチェックしてみてください!

羽田空港から那覇空港へのフライト

飛行機

羽田空港~那覇空港間は成田空港~那覇空港間に比べて航空便が充実しています。日本航空(JAL)・全日空(ANA)・スカイマーク・ソラシドエアが就航しており、日本航空(JAL)は1日12便、全日空(ANA)は1日16便、スカイマークは1日6便、ソラシドエアは1日3便が運行しています。

羽田空港の場合、便数は成田空港の比にならない程の多さです。フライト時間はだいたい2時間40分~3時間です。

羽田空港→那覇空港のフライト便数
  • 日本航空(JAL):1日12便
  • 全日空(ANA):1日16便
  • スカイマーク:1日6便
  • ソラシドエア:1日3便

成田空港に就航している航空会社は3社のうち2社がLCCでしたが、羽田空港に就航している航空会社にはLCCはありません。ソラシドエアは大手より安い運賃設定ではありますがLCCではありません。

ソラシドエアは宮崎にある航空会社。LCCではない!

ナオコ

羽田空港なら搭乗便が選び放題だね!

成田空港と羽田空港を利用する場合で徹底比較!

比較

成田空港から那覇空港へ行く場合と羽田空港から那覇空港へ行く場合をあらゆる側面で比較して、○×でまとめてみました。

成田空港羽田空港
空港への
アクセス
航空運賃
の安さ
フライト時間
航空券の
取りやすさ

空港へアクセスしやすいのは羽田空港

羽田空港は都心に近いので、公共交通機関での空港へのアクセスは抜群に良く、京浜急行・東京モノレールが主なアクセス手段になります。一方、成田空港は都心から離れているのでアクセスに少々時間はかかります。しかし、スカイライナーを利用すると京成上野駅から成田空港駅まで最短41分でアクセスできるようになり、ぐっと成田空港も身近になりました。

成田空港 < 羽田空港

とにかく安く行きたいなら成田空港

航空運賃ではLCCに軍配が上がります。羽田空港に就航している日本航空や全日空などのフルサービスキャリアも早めに予約・購入をすれば割引運賃で購入できますが、それでもLCCの安さには負けます。とにかく安く行きたいなら成田空港からLCCを利用するといいでしょう。

成田空港 > 羽田空港

フライト時間はやや羽田空港の方が短め

フライト時間はやや羽田空港発の方が短めではありますが、成田空港発でも航空便を選べばそこまでフライト時間に差は出ません。羽田空港を選ぶ大きな決め手にはならないでしょう。

成田空港 ≦ 羽田空港

航空券の取りやすさは羽田空港

羽田空港の方が便数が圧倒的に多いので、選べる航空券の幅も多く取りやすいと言えるでしょう。ただ、羽田空港は修学旅行のような団体が入ることが多いので、満席になることもしばしばです。希望の時間帯に乗れないケースもあるので早めの予約を心がけましょう

成田空港 < 羽田空港

まとめ

とにかく安く行きたいなら成田空港多少高くてもアクセスのいい空港を利用したければ羽田空港といえるでしょう。成田空港・羽田空港を利用した沖縄パッケージツアーも多く出ており、特に成田空港発のツアーは格安で設定されているケースがよくあります。パッケージツアーも視野に入れつつ、快適な沖縄旅行を計画してみてください。

沖縄のパッケージツアーもおすすめ!

沖縄へはパッケージツアーは大変多く作られています。時期によっては格安で行けることもあり、憧れのラグジュアリーホテルへお得に宿泊できるかもしれないので、パッケージツアーも合わせてチェックしてみることをおすすめします。レンタカー付きや朝食付きなどうれしい特典もたくさんあるのがパッケージツアーの魅力です。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次