MENU
カレンダー
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 
ナオコ
元旅行会社の社員で、営業兼添乗員をしていました。今はIT商社でSaaS商材の販売推進をしています。趣味は旅行・韓国ドラマ鑑賞・英会話などなど。旅行会社勤務の経験を活かして、皆さまの旅行に役立つ情報をお届けします。

5大展望台比較!ニューヨークの展望台はどれがおすすめ?

アイキャッチ_ニューヨーク5大展望台

ニューヨークといえば摩天楼。摩天楼からの夜景は世界中の人々の憧れです。ニューヨークには世界トップクラスの展望台が主に5つありますが、どの展望台がよいのでしょうか。5大展望台の特徴やおすすめポイントをご紹介します。

目次

ニューヨークの5大展望台とは?

見る

ニューヨーク観光に展望台は欠かせません。ニューヨークのマンハッタンには有名な高層ビル展望台が5つあり、5大展望台とも呼ばれています。この中から行くべき展望台を選ぶことになりますが、それぞれ特徴があるので5つの展望台をご紹介していきます。

ニューヨークの5大展望台
  • エンパイアステートビル
  • トップ オブ ザ ロック
  • ワンワールド展望台
  • サミット ワン ヴァンダービルト
  • エッジ

エンパイアステートビル

エンパイアステートビル

エンパイアステートビルはニューヨークの象徴として有名すぎるほど有名なビルです。特徴的なアールデコ建築の外観を見るとニューヨークに来たという実感が沸きますね。マンハッタンのど真ん中にそびえ立っており、地図を見なくても見上げれば辿り着けると言われています。

1931年に竣工した歴史あるビルで、高さは443.2mあります。映画の撮影でもよく使われており、映画「キングコング」でキングコングがエンパイアステートビルを登るシーンは観たことがある方も多いのではないでしょうか。

86階最上階の102階に展望台がありますが、人気なのは高さ302m地点にある86階のメイン展望台です。屋外に出られるようになっており、ニューヨークの街並みを360度見渡せます。

ビルの高さ:443m(5大展望台のうち2位
展望台の高さ:320m(5大展望台のうち3位

名前エンパイアステートビル
住所20 W 34th St., New York
電話番号(212)736-3100
営業時間8:00~26:00
※時期により異なる
休業日なし
入場料86階のみ
大人:$44.00 小人:$38.00 シニア:$42.00
102階と86階
大人:$79.00 小人:$73.00 シニア:$77.00
アクセス地下鉄BDFMNQR 34丁目ヘラルドスクエア駅より徒歩2分
周辺の観光地五番街
ブライアントパーク
マディソンスクエアガーデン など
公式サイトhttps://www.esbnyc.com/

トップ・オブ・ザ・ロック

ロックフェラーセンター

トップ・オブ・ザ・ロックは1933年にオープンしたロックフェラーセンターの最上階にある展望台です。ロックフェラーセンターと言えば冬期にオープンするスケートリンクが有名ですよね。マンハッタンのミッドタウンに位置しており、ニューヨークらしい夜景を見たい方には最もおすすめできると言われています。

67階69階70階が展望台になっており、69階には全面ガラス張りの屋外デッキ、70階には完全オープンの屋外デッキを備えています。やはり人気があるのは高さ259mの地点にある70階の屋外デッキで、360度パノラマで広がるニューヨークの景色をダイナミックに楽しめます。

ビルの高さ:266m(5大展望台のうち5位
展望台の高さ:259m(5大展望台のうち5位

名前トップ・オブ・ザ・ロック
住所30 Rockefeller Plaza, New York
電話番号(212)698-2000
営業時間9:00~24:00
※時期により異なる
休業日なし
入場料大人:$40~$55
小人:$34~$49
シニア:$38~$53
アクセス地下鉄BDFM 47-50ストリート ロックフェラーセンター駅より徒歩すぐ
周辺の観光地五番街
ニューヨーク近代美術館
セントパトリック大聖堂
ラジオシティミュージックホール など
公式サイトhttps://www.rockefellercenter.com/

ワンワールド展望台

ワンワールド展望台

ワンワールド展望台はワンワールドトレードセンターの100~102階にある展望台です。高さ541mのワンワールドトレードセンターは9.11の同時多発テロ後に再建され、現在世界で4番目に高いビルとなっています。2015年に展望台がオープンしました。

ロウアーマンハッタンに位置しており、グラウンドゼロにあります。911メモリアルミュージアムも敷地内にあるので、セットで鑑賞するのがおすすめです。

展望台の高さは381m地点にあり、5大展望台の中では最も高い位置にあります。比較的新しい展望台のため、最先端の工夫が盛りだくさん。超高速エレベーターの中の映像演出や外の景色を見せるまでの演出も圧巻です。ロウアーマンハッタンにあるので、360度全面ガラス張りの展望台からは自由の女神も見えますよ。

ビルの高さ:541m(5大展望台のうち1位
展望台の高さ:381m(5大展望台のうち1位

名前ワンワールド展望台
住所One World Trade Center, 285 Fulton St, New York
電話番号(212)602-4025
営業時間10:00~19:00
※時期により異なる
休業日なし
入場料大人:$44.00
小人:$38.00
シニア:$42.00
アクセス地下鉄E ワールドトレードセンター駅より徒歩1分
周辺の観光地グラウンドゼロ
911メモリアルミュージアム
自由の女神
ウォール街 など
公式サイトhttps://www.oneworldobservatory.com/

サミット・ワン・ヴァンダービルト

サミットワンヴァンダーヴィルト

サミット・ワン・ヴァンダービルトは5大展望台の中で最も新しい展望台です。マンハッタンのミッドタウンのグランドセントラル駅の隣に、2021年にオープンしました。360度でマンハッタンの景色を見られるだけではなく、展望台自体の演出が斬新なことで話題になっています。

エレベーターで展望台に到着すると、まずは全面鏡に囲まれた展望台から始まります。不思議な没入感に包まれ、唯一無二の体験ができます。とてもまぶしいのでサングラスは必須、鏡張りなのでスカートスタイルも避けましょう。

見学を進めていくと何百ものシルバーバルーンが溢れている場所に辿り着きます。バルーンを上げたり下げたりしながら遊びましょう。とにかくインスタ映えする写真がたくさん撮れる展望台なので、貴重な体験を楽しんでみてください。

ビルの高さ:427m(5大展望台のうち3位
展望台の高さ:305m(5大展望台のうち4位

名前サミット・ワン・ヴァンダービルト
住所45 E 42nd St, New York
電話番号(877)682-1401
営業時間9:00~24:00
休業日なし
入場料大人:$42.00
小人:$36.00
アクセス地下鉄S4567 グランドセントラル 42ストリート駅直結
周辺の観光地グランドセントラル駅
五番街 
クライスラービル
ニューヨーク公共図書館
ブライアントパーク など
公式サイトhttps://summitov.com/

エッジ

エッジ

エッジはミッドタウンの30ハドソン・ヤードの100階にある展望台で、2019年にオープンしました。エッジの特徴は何と言っても100階の外にせり出したスカイデッキでスリル満点な体験が楽しめるところ。

高さ340m地点の屋外展望台というだけで足がすくみますが、屋外展望台の中にはガラスの床があったり、ガラスの壁のない部分にまで広がる階段があったりととにかくスリル満点です。ガラスの壁に寄りかかるだけでも空を飛んでいるようなスリルを楽しめますよ。

さらに屋外展望台から161段の外階段を登って世界一高いビルクライムを楽しめるシティ・クライムというアトラクションもやっているので、勇気のある方はぜひ挑戦してみてください。

ビルの高さ:387m(5大展望台のうち4位
展望台の高さ:340m(5大展望台のうち2位

名前エッジ
住所30 Hudson Yards, New York
電話番号(332)204-8500
営業時間10:00~22:00
休業日なし
入場料大人:$36
小人:$31
シニア:$34
※シティ・クライム $185
アクセス地下鉄7 34ストリート – ハドソンヤーズ駅より徒歩3分
周辺の観光地ハドソンヤーズ
ベッセル
ハイライン
マディソンスクエアガーデン など
公式サイトhttps://www.edgenyc.com/ja

あなたが選ぶべき展望台はこれ!

指さす人

ニューヨークの5大展望台はどの展望台も魅力的でどこに行けばいいか迷いますよね。なので、こういう方にはこの展望台がおすすめという情報をご紹介します。

一番有名な展望台を押さえておきたいなら「エンパイアステートビル」

ニューヨークで最も有名な観光名所と言えば「エンパイアステートビル」。展望台だけではなくニューヨークの全観光スポットを含めてもトップレベルの名所です。最も有名な展望台には行っておきたいという方はエンパイアステートビルへ行きましょう。

ただ、エンパイアステートビルで見るべきはその外観であり、展望台にまで行く必要はないとも言えます。近くの展望台からはエンパイアステートビルがきちんと見えるので、他の展望台からエンパイアステートビルを鑑賞するというのもおすすめですよ。

最高の夜景を見たいなら「トップ・オブ・ザ・ロック」

摩天楼の夜景は世界中の人たちの憧れですよね。ニューヨークに行ったらぜひ夜景は見ておくべきです。最高の夜景を見たいなら「トップ・オブ・ザ・ロック」へ行きましょう。

トップ・オブ・ザ・ロックは夜景を見るのにちょうどいい高さと言われており、ライトアップしたエンパイアステートビルもすぐそばに見えるので、THE・ニューヨークな夜景を楽しめます。

一番高い展望台に登りたいなら「ワンワールド展望台」

何事も一番を体験したいという方も多いでしょう。最も高い展望台に登りたい方は「ワンワールド展望台」へ行きましょう。高いだけあってニューヨークの街の遠いところまで広く見渡せます

斬新な最新展望台に行きたいなら「サミット・ワン・ヴァンダービルト

展望台から外を眺めるだけではなく、展望台自体でもおもしろい体験をしたいという方には「サミット・ワン・ヴァンダービルト」がおすすめです。他の展望台にはどこにもない演出がされており、さすがニューヨークの最先端です。

スリル満点な展望台に行きたいなら「エッジ」

展望台はアトラクションとしても楽しみたいという方は「エッジ」がおすすめです。最も高い屋外展望台に透明な床があったり、ビルクライムアトラクションがあったりとスリル満点な演出が随所に散りばめられており、充実した体験ができるでしょう。

すべての展望台を制覇する必要はない

Yes-No

せっかくならニューヨークの5大展望台を全部制覇したいと思う方も多いかと思いますが、どの展望台も料金が高めなので、全部回るのは厳しいかもしれません。さらにどの展望台も常に混み合っているので、待ち時間でかなり時間を取られてしまいます。

実際に行ってみましたが、展望台から見られる景色はそれほどどの展望台も変わらないので、すべての展望台に登る必要はないかなと感じました。

昼の景色で1展望台、夜景で1展望台がおすすめ!

おすすめなのは昼に1ヶ所、夜に1ヶ所選択して行く方法です。昼と夜は全く違う景色が見られるので、両方見ておく価値はあります。個人的おすすめの組み合わせはこちらです。

昼:エッジ
夜:トップ・オブ・ザ・ロック

エッジは屋外展望台が充実しており、高い展望台に登った達成感がより味わえます。日中に行った方が透明な床から地上の様子がよく見えて、よりスリル満点な感覚を味わえます。

夜はやはり夜景で最も定評があるトップ・オブ・ザ・ロックを選びたいところです。ニューヨークを象徴する素晴らしい夜景を楽しみましょう。可能なら夕暮れの時間帯から行って、夕景・夜景どちらも鑑賞するのがおすすめです。

ニューヨークエクスプローラーパスを活用しよう!

ニューヨークの展望台はお得な観光パスに含まれているケースが多いので、観光パスを活用すれば通常料金で行くよりお得に行けます。Go Cityのニューヨークエクスプローラーパスは90ヶ所以上の人気観光スポットやツアーの中から2~10か所を割引価格で利用できる観光パスで、最大45%もお得になります。

ニューヨークの5大展望台の中だとこちらの施設がニューヨークエクスプローラーパスの対象施設になっているので、予定よりもう1ヶ所多く展望台へ行けるかもしれませんね。

Go City ニューヨークエクスプローラーパスに含まれている展望台
  • エンパイアステートビル
  • トップ・オブ・ザ・ロック
  • ワンワールド展望台
  • エッジ

まとめ

ニューヨークの5大展望台を紹介してきました。どの展望台も魅力的なので、自身の押さえておきたいポイントを重視して選んでみてくださいね。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次